Plesk 12.5で常時SSL化

無料で使えるSSLサーバー証明書

サーバー管理ツール「Plesk12.5」なら、Let's Encrypt(レッツ・エンクリプト)が発行する無料のドメイン認証型SSLサーバー証明書を簡単操作で導入いただけます。

SSLとは

インターネット上でデータを暗号化して、送受信できる仕組みです。SSL(SSL/TLS)を利用すれば、個人情報やクレジットカード情報など機密性の高いデータを暗号化し、なりすまし、改ざん、盗聴から防げます。2014年からGoogleは常時SSLを強く推奨しており、Webサイトの一部だけでなく、すべてのページにおける暗号化が求められるようになってきました。

Let's Encryptとは?

Let's Encryptとは、SSL/TLS や HTTPS(TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でのHTTP通信)の普及促進のために無料の証明書を発行するプロジェクトです。大手IT企業の支援のもと、非営利団体の ISRG (Internet Security Research Group) が運営しています。独自ドメインとWebサーバーがあれば、誰でも無料で取得できるドメイン認証型SSLサーバー証明書を発行しています。

サイトシール

こんな方におすすめ

  • 予算をかけずに暗号化通信を利用したい個人のお客さま
  • 趣味のホームページやブログ全体を暗号化してSEO対策を強化したいお客さま
  • 信頼性ある第三者認証局による認証を必要としないお客さま
  • サイト上でシールなどによってSSL導入を可視化する必要のないお客さま

「Let's Encrypt」の特長

  • 無料 証明書の取得や更新に費用はかかりません。
  • 簡単 Pleskの操作だけで、即時に証明書の取得・更新が可能

SSLサーバー証明書の違い

当社で取り扱うSSLサーバー証明書には、3つの種類があります。

  Let's Encrypt GMO GlobalSign
クイック認証SSL
GMO GlobalSign
企業認証SSL
ドメイン名
登録名義確認
企業の
実在性認証
なし なし
サイトシール なし
主要ブラウザ対応 一部対応 99%以上に対応
利用者イメージ ・個人サイト、ブログ
・社内ネットワーク
・開発用
・Webサイト上での個人情報の取り扱いが限定的な一般企業、団体
・スタートアップのECショップ
・信頼性ある認証局のSSLを利用したい、集客力ある個人サイト、ブログ
・Webサイト上での個人情報の取り扱いが多い一般企業、団体
・信頼性を重視するECショップ
  • ※Let's Encrypt(レッツ エンクリプト)はオプションサービスではございませんので お申し込みの必要はありません。ご利用ご希望の場合にはPlesk 12.5からインストールしご利用ください。
  • ※ Let's Encrypt(レッツ エンクリプト)の設定方法はこちら

今すぐGMOクラウドVPSを試してみる