VPSでSSL

2018年7月よりGoogle Chromeのバージョン68から、すべてのHTTP(非SSL)ページに対し『保護されていない通信』という警告の表示が開始されました。すべてのページの暗号化する、常時SSL化をすることにより、Chromeブラウザの警告表示から回避することができます。

常時SSLとは?

常時SSLとはウェブサイトの全てのページをHTTPS化(暗号化通信)する仕組みです。HTTPS化することによって、ブラウザ―とウェブサーバー間の通信を暗号化することができ、第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぐことができます。

SSLイメージ

今までのSSL

フォーム内のページのみSSLの対象

フォーム内のみSSL対象

これからのSSL

サイト全体のページがSSLの対象

フォーム内のみSSL対象

常時SSL導入のメリット

Webサイト価値の向上

Webサイト価値の向上

  • ・通信速度向上(HTTP/2)
  • ・検索順位の優遇(Google)
  • ・Webサイトの信頼性向上
管理の効率化

管理の効率化

  • ・ウェブアプリ開発の効率化
  • ・ウェブサイト解析の精度向上
セキュリティの強化

セキュリティの強化

  • ・情報漏えいのリスク軽減
  • ・盗聴・なりすましの防止

国内シェアNo.1のSSL証明書発行実績、GMOグローバルサイン株式会社のSSLを採用

GMOクラウドVPSでは国内シェアNo.1の実績を持つGMOグローバルサイン株式会社のSSL証明書を取り揃えております。

グローバルサイン

クイック認証SSL
(ドメイン認証)
企業認証SSL
(企業実在認証)
EVSSL
(EV認証)
特徴 ・書類不要、最短2分のスピード発行
・手軽に導入したい
・ブラウザの警告表示を防ぎたい
・最短即日のスピード発行
・運営組織の実在性を認証
・ブラウザの警告表示を防ぎたい
・運営組織の実在性を認証
・フィッシングサイト対策
・ブラウザの警告表示を防ぎたい
価格(税抜) 28,500円/年 58,000円/年 128,000円/年
認証レベル 認証レベル1 認証レベル2 認証レベル3
アドレスバー表示 EVSSL以外のURL EVSSL以外のURL EVSSLのURL
認証項目 ドメイン名の利用権 ドメイン名の利用権
組織の法的実在性
ドメイン名の利用権
組織の法的・物理的実在性
組織の運営
承認者・署名者の確認
申し込み方法 オンライン申し込み オンライン申し込み

必要書類提出
オンライン申し込み

必要書類提出

2way機能について

グローバルサインのSSLサーバ証明書は、「www.」で始まるコモンネームでお申し込みをいただいた場合、「www.」が付かないURLへのアクセスにもご利用いただくことができます。

※携帯電話では「www.」が付かないURLへのアクセスにはご利用いただけません。

料金

独自認証SSL 年間利用料金
グローバルサイン クイック認証SSL 28,500円
グローバルサイン 企業認証SSL 58,000円
グローバルサイン EVSSL 128,000円
  • ※ 表示金額はすべて税抜です。

Let's Encrypt(レッツ エンクリプト)

国内No.1の発行実績を持ち、審査を伴う電子証明書を発行する認証局として定評あるGMOグローバルサインは、国内外の政府、商用サイトで採用されていますが、費用をかけずにSSLサーバー証明書を利用したいというお客さまには、Let's Encryptのご用意もあります。Let's Encryptとは、SSL/TLS や HTTPS(TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でのHTTP通信)の普及促進のために無料の証明書を発行するプロジェクトです。大手IT企業の支援のもと、非営利団体の ISRG (Internet Security Research Group) が運営しています。サーバー管理ツール「Plesk12.5」をご利用のお客さまであれば、Let's Encryptを簡単操作で導入いただけます。


Let's Encryptの詳細「Plesk で常時SSL化」


[ご注意] Let's EncryptのSSLサーバー証明書は、GMO GlobalSignのSSLサーバー証明書と異なる仕様がありますので、ご検討前に詳細をご確認ください。

常時SSL

今すぐGMOクラウドVPSを試してみる